ココメンテ 事例
ココメンテ 事例

30代
医療職女性の方

30代医療職女性の方。お父様の介護と、仕事と、自分の家庭のことで気がつくと随分疲弊していましたので、ココメンテを始めました。すると、仕事に家庭に「頑張っている自分」を維持したくて、「自分は弱音を吐いてはいけない存在だ」と思っていることが分かりました。お父様や、その他の誰かに賞賛される自分になろうと躍起になるあまりに、自分を見失っていること、自信のない自分が嫌いでたまらなかったことに気づきました。ココメンテを通して、この方は自分の弱さを包み隠すように補おうとする癖に気づき、それよりも弱っている自分と向き合うことを覚えたのです。程なくお父様は亡くなられましたが、それを機にココロの対話は一層進むようになり、「今では以前よりも自分を愛せるようになった」とご自分で笑いながらに仰っています。

注意>

ここにご紹介している事例は産業医時代のものです。
現在は、ボスメンテ以外の1対1でのココメンテサービスは行っておりません。

また、個人の特定につながるおそれがあるため一部事実と異なる表現を使用した箇所があります。ご了承ください。
list page
Dr.クロキ オリジナルソング「家族のうた」
作詞・作曲:Dr.クロキ

Dr.クロキ オリジナル曲「家族のうた」

ボスメンテ

ママメンテ