お知らせ

人手不足時代のキャリア・アップ〜辞め方と送り方〜

お仕事で会社などにお勤めの方には、キャリア変更のために会社をお辞めになる、なんてことはよくあると思います。それぞれに結ばれている労働契約書にもよりますが、「退職の1ヶ月前に申し出ればよい」ことになっているケースが多いかと思います。



キャリア・アップを目指す人の多くは、
今の会社を辞めて、今よりも条件の良い会社に行くことをイメージしているのかもしれません。つまり、「次に行く会社から提示された条件」が、キャリア・アップを左右していると思っているのだと思います。



僕のイメージは、実はこれとは少し違います。
キャリア・アップで大事なことの一つは、「前の会社の辞め方」だと思っています。「立つ鳥跡を濁さず」の辞め方なのか?、「立つ鳥跡を濁して」の辞め方なのか?、それが次のキャリア形成に少なからず影響するので、辞め方って大事です。



人手不足の時代です。
これからも人手不足は、ますます加速するでしょう。会社は人が辞めれば、人手(戦力)が減って、それなりに痛手です。よって辞めて行く人は、それなりに非難されることもあることも覚悟しましょう。全ての人が喜んで賛同してくれるような辞め方を見つけるのも、結構難しいでしょう。



それでも辞める時にこそ、
自分なりの誠意を尽くすことは大切かと思います。確かに多くの契約書上は、1ヶ月前に退職を申し出れば良いことになっていますが、1ヶ月で人手を補充することのできる会社は、かなり少ないと思います。ましてや、専門性が高い仕事であれば尚更ですし、それも戦力化するには、年単位の時間がかかります。



1ヶ月前に「辞めます」を言われると、
辞めていかれる会社は、混乱するでしょう。職場によっては大パニックでしょう。経営者によっては、人知れず陰で従業員の退職を心から悲しんでいる方もおられます。何れにしても、職場のパニックを誘発するような辞め方は、「立つ鳥跡を濁して」ですので、おそらく、辞めていく人の次のキャリアに多少響いてくるはずです。



中には、自分を苦しませ続けた会社に対して
報復的な意味合いで、退職する方も居ますが、それも巡り巡って、自分のキャリアに返ってきますので、私はあまりオススメしていません。(そういう怒りが自分の中にある時は、再出発には不適な時期かもしれません)



1ヶ月前でダメなら、いつ頃言えばいいの?
という疑問が聞こえてきそうですが、あくまで私見だと思ってください。よほど緊急なご事情で辞めざるを得ない場合を除いてですが、僕は個人的には、1年前、最低でも6ヶ月前ではないか?と思っています。その間に後任を見つける時間を、辞めていく会社に与えることも、「立つ鳥跡を濁さず」的なキャリア・アップには大事なことだと思っています。



要するに、『辞めていく職場に対する憎しみを、出来る限り整理しておくこと』と、『(他人から何を言われようとも)職場に対する感謝の念を十分に抱いて辞めていくこと』が、次のキャリア形成には、大切なポイントだと思います。



もし仮に、止むを得ない事情があって、
立つ鳥跡を濁して的な辞め方をされてしまったとしても、後からでも遅くないので、自分の心の中にある「前の職場に対する憎しみ」を整理して、『前の職場に対する感謝』を抱くような努力をすれば、また少しずつ道は拓けてくると思います。




同じ様に「新しいキャリアに飛び出したけども、こんなはずじゃなかった」という人は、今からでも遅くはないので、自分の中にある「過去への憎しみ」をゆっくり整理してみて下さい。そのことで『歓びに満ちた未来』を創り始めることは可能です。言い方を換えると、心の中にある「過去の特定の人物や集団への憎しみ」が、あなたの『明るい未来』の妨げになるのです。



さらには、
どうしても今の会社をお辞めになりたいが故に、脚色した話(いわゆる嘘)をつけて退職する方も居られますが、これも本当は良くはありません。でも、人間は嘘をつく生き物なので、仕方ありませんし、ご事情にもよります。いずれにしても、その場合その人は、次のキャリアの中で「自分の中の真実とは何か?」を探すことになることが多いようです。



もちろん、辞める人だけではなく、
辞められる会社の側も、胸に手を当てて考えなくてはなりません。辞める人を非難ばかりしていては、その会社の成長はありません。ヒトは補充すればいいや、代わりは幾らでもいる、という時代ではありません。辞められて初めて分かる従業員の有り難み、を感じることも大切ですし、一人の退職から、どんな些細なことでも学ぶ必要があります。(学びがなければ、あるいは、学びが足りなければ退職者が続きます)



従業員が辞めるというのは「袂を分かつ」ということなので、会社(経営者)と従業員の間に、決定的な考え方の違いが生まれたことには違いありません。それは個性なので、仕方のないことで、ゼロにすることは出来ないのですが、毎回辞めていく従業員を会社(職場)が罵っていては、「立つ鳥に濁った矢を放つ」ということになり、その矢は巡り巡って自分たちに返ってきて、知らず知らずのうちに「濁った会社(職場)」が出来上がってゆきますし、そういう人ばかり集まりますから、気をつけて下さい。会社(職場)側も『退職者の最良の見送り方』について、研究しておく必要はあります。



ということで、
僕の考えるキャリア・アップとは、「就労条件が良くなっていく」ということではなく、自分の知らなかった一面を知ったり、自分の心の中に潜んでいた憎悪や悲しみを見つけて整理しながら、『より調和のとれた自分に進んでいく』ことであり、『調和と豊かさが増していくこと』という意味です。そして、『自分の未来』を決めるのは、『今の自分の在り方』だという考えがベースにあります。



人手不足の時代です。
外国人労働者や人工知能の話も、もはや他人事ではない時代です。だからこそ、自分のキャリア(すなわち自分)について、今まで以上に真剣に考え、大切にするべき時代になったのだな、と僕は考えています。
list page
Dr.クロキ オリジナルソング「家族のうた」
作詞・作曲:Dr.クロキ

Dr.クロキ オリジナル曲「家族のうた」

ボスメンテ

ママメンテ