医師 黒木 弘明

メニュー

二〇一九年 一〇月一六日(水)

綴りごと 想いごと

positive とは何か?

 

positive ポジティヴって、よく言いますが、

それは一体何でしょうか?

前向きとか、明るい、という意味で使われてますが、

他の意味も沢山あります。

 

 

明らかな、疑いようのない、はっきりした、

という意味もあります。

 

 

この逆で、negative ネガティヴという言葉もあります。

一般には、後ろ向きな、消極的な、

という意味で使われます。

 

 

ですから、positiveが良くて、negativeが悪い

かのような、善悪のような意味で使われます。

 

 

しかし、

その言葉遣いが良くないんじゃないですか?

 

 

私が言う「良くない」というのは悪ではなく

不自然という意味です。

 

 

人間、そんな白黒はっきりつけられますか?

だったら誰も悩みませんよ。

正論で済むんだったら、何も苦労しませんよ。

苦労しないんだったら、

地球の人間として生まれませんよ、きっと。

 

 

そんな簡単には行かないんです、そもそも。

白とか黒とか、positiveとかnegativeとか、

前向きとか後ろ向きとか、善とか悪とか。

 

 

どれも混じってます。

陰陽合わせて一体です。

清濁合わせて自分です。

 

 

ですから、positiveと言うのは

明るい、とか、前向き、ではなく

明確なことなんです。

 

 

何が明確かと言うと、

人間みんな光と陰があるということ、

良い日も悪い日もあるということ、

明るい時も暗い時もあるということ、

やる気がある日も無い日もあるということ、

つまり、みんな悩みがあるということ。

 

 

ですから、自分の中の暗い気持ちがあっても

negativeでもなんでもないです。

それは普通のこと。

あなたが生きている明確な証、普通のこと。

だから、暗い気持ちもpositiveです。

 

 

暗い気持ち、後ろ向きな気持ち、悩ましい心、

これらに対して自分で否定的になること、

それがnegativeです。

 

 

悩ましいのは普通のこと。

明らかに生きてる証拠ですから、

否定することありません。

それでpositiveです。

 

 

悩んでいることに否定的になると

悩んでいる自分に否定的になると

苦し過ぎて、前にも後ろにも進めなくなります。

 

 

ですから、悩みがあることも

positiveに、明らかに普通のことだと思って下さい。

老若男女、みんな悩んでますから。

それが人間ですから。