医師 黒木 弘明

メニュー

二〇二二年 一一月二九日(火)

綴りごと 想いごと

貴方が欲しているものは、
貴方自身を知る為の鍵です🗝



欲しいものの裏には、
不安や心配がくっついている
ことが少なくないです。



例えば、名誉や肩書きが欲しいと言う人は、
世間に認められないのが不満なのか、
それが無いと思い描く結果を得られない
のが心配なのかも知れない。



このように心を深掘りすると、
何かを欲しがっているように見えて、実は
欲しいものが手元に無いことを怖がっている、
という状態の人が少なくないです。



言うなれば
「怖れに裏打ちされた欲求」
ということになります。



この場合は
欲しいものを本当に望んでいるのではなくて
怖れる事態を解消することを望んでいるのです。



一見前向きでも、怖れを抱えている時には、
仮に欲しいものを手に入れたとしても、
なかなか事態が好転しない傾向にあるので
まずは、その人の欲求の根底に隠れている
怖れをケアすることが優先。



しかしこのケアの少し難解な所は
このケアが他人が施すようなケアではなく
最終的に、ご本人が自分で気づき、
自分で自分を知ることが鍵となる点。



つまり
希望の扉を開ける鍵は
実はご本人がお持ちなのです。



成功者の話、それっぽい本、ネット情報などは
鍵ではなく、キッカケという名のヒント。
ヒント集めに酔うのも、ヒントから自分の在り方を
変容させるのも、諦めるのも、ご自分の選択だから、
やはり扉を開ける鍵はご本人がお持ちということです。



だからどんなに悩んでいる人でも、
どんなにお苦しみの人でも、
必ず希望の扉を開ける鍵をお持ちです、
ということを、信じてもらえるまで
申し上げ続けるのが、私の仕事の一つです。