医師 黒木 弘明

メニュー

二〇二一年 八月一日(日)

綴りごと 想いごと

身近な人

私生活では楽にしたい。だから身近な人の前では、
妙に気を遣わずに、楽に、率直で在りたい。


と思っていたら、
いつの間にか身近な人に
凄く強く辛く当たっていた…


なんて言う経験が
どなたもあろうかと思います。


一番大切にしたい人を
一番傷つけてしまった…
あり得ないのに何故だろう?


私の憶測・仮説にすぎませんが
それは一番大切な人が
違ってたんじゃないかな?


一番身近な人で
一番大切な人は
あなた自身であります。


その人を差し置いて
別の誰かを傷つけずに大切にする
というのは無理な話かもです。


身近な人には気を遣わずに楽にしたい
ではなく、気を遣うエネルギーが無いのでは?
つまり自分が消耗しているのでは?


その状態だと、誰かを大切にすることは
おそらく難しい。むしろ誰かを
不如意に傷つけてしまいます。


その前に自分を護って。
自分を大切にして。
いつも自分を見てあげて。


自分を大切にすると言うのは
自分以外を認めないとか
ワガママを押し通すではなくて


自分の感性を尊重する
自分の存在を尊重する
ということなので


例えば自分が感じた
どんな些細な違和感であっても
無視せず尊重してあげて欲しいし


自分が感じた
どんな些細な可能性でも
大切に育てて欲しい訳です。


それからあなたが楽しんでいそうで
実は煩悩や我欲に苦しんでいるなら
それも助けてあげて欲しい訳です。


自覚はないけど本心は苦しい時のサインは
イライラ・怒り・周りの人を傷つけている
意味不明な体調不良などで、自覚があるのは幸いです。


あなたが居てのあなたの大切な人。
あなたが崩壊したら
大切な人どころでは無いので


自分に提供していないことは
他人には提供できないのだから


自分を育てていない人が
他人を育てるのも無理な話で


自分を愛していない人は
他人に愛を補って貰いたいのであって
他人を愛しているとは限らないかも知れないし


大切な人を大切にしたいのならば
自分を大切にすることからはじめる
というのが順序ではないかと。


恋から醒めて人を愛する時
自分を深く愛してゆこうという
覚悟と決意が湧いてきても
何も不思議ではない。


大切な人を見ているのはあなた自身だから
その相手を「一番大切な人」と呼ぶのならば
あなたは『ゼロ番目に大切な人』だ。


一番身近な人を大切にしたい
のではあれば
ゼロ番身近な自分を大切にする。


自分に何もしなければ
自分はゼロのまま。
ゼロは何をかけ算してもゼロ。


自分を見てゆく、育ててゆけば
ゼロ番目に大切な自分のエネルギーが
ゼロではなくなってくる。


そこから愛が拡がります。
だから自分をお世話するのです。


愛の源は自分だ。
あなたを救う愛は
あなたからやって来る。


だから自分を尊重できるまで
自分から目を離さないで頂きたい。
あなたならできる。大丈夫。


信頼できる人の手を借りながら、
時にズッコケながら、何度も練習すれば良い。
それこそがこの世の千手観音かも知れない。

大丈夫、大丈夫。