医師 黒木 弘明

メニュー

二〇一九年 六月二五日(火)

綴りごと 想いごと

話を聴くのが基本

 

症状じゃなくて、それは体の声です。

トラブルじゃなくて、それは人生からの助言です。

 

 

いずれも「何かが違うよ」と、

体もしくは、人生から指摘されているのです。

 

最も身近な声、それはつまり、

体の声と、人生からの助言のことですが

自分から湧き上がる声に耳を傾けない人は、

他人の話なんて、もっと聴けないでしょう。

 

 

しかし、そうなると、人間どおしの

コミュニケーションが上手くいかなくなって

職場や、家庭での自分の居場所が狭くなって、

さらに生きづらくなりますので注意です。

 

 

原理は簡単です。

落ち着いて話を聴きましょう。

まずは、自分の外側じゃなくて

内側から出てくる話を聴きましょう。

 

 

内側から湧き上がる話を聞いて、

自分をケアしたり、

自分をアップグレードさせましょう。

 

 

自分との対話、自分の心身のケア、

それに自分のアップグレード作業が

生き続けるために、働き続けるためには、

不可欠なのです。

 


しかし、何度失敗しても落ち込まないで下さい。

自分を責めないでください。

受験でも就活でもないので、

一発合格なんか、目指さなくて良いんです。

 

 

失敗を繰り返しても、命は続きますから。

みんな、何度も何度も失敗しながら

自分との付き合いの加減や、塩梅を覚えるんですよ。

 

 

古傷をさすりながら、自分の体の声を聴き、

ズッコケながら、人生の助言を聴き直す。

その繰り返しで良いんです。