医師 黒木 弘明

メニュー

二〇一九年 一〇月一六日(水)

綴りごと 想いごと

自分のせい

 

ラジオで久保田利伸さんが

「すごく嫌なことがあった時、僕はそれを全部、

自分のせいにすると、乗り越えて行けるんですよね。

なんか反論来そうですけど(笑)」

と言っていました。

昨日の記事と近いニュアンスを感じています。

つまり「どんな嫌なことも、自分を換えることで、

乗り越えることができる」ってことですよね、多分。

そんなこと本当に出来るのか?

って、思っている場合では有りませんよ。

人生に保証を求めても無駄なんですよ。

また、何一つ問題・課題の無い人生を求めるのも

あまり賢明とは言えません。

全てが上手くいく保証も無いし、

予め分かり易く用意された答えも無い所で、

自分だけの自分を創るのが、

そもそも人生ですからね。

でも、答えに繋がるヒントは、

あなたの人生に沢山散りばめられています。

そこが人生の優しさです。

それに気付くか?気付かないか?

それも自分次第です。

ですから、どんなに嘆いても、泣いても、

全てが何の問題もなく、何の障壁も無く、

自分だけの思い通りに上手くいくと保証される

なんてことは有りません。

こればかりは、学歴・資格・人脈でも、

科学や医療の力でも、経済の力でも、

宗教をもってしても、どうしようも有りません。

そんな一寸先は闇のような人生。

疲れ果てても誰も自分の代わりを生きてくれない、

代わりの効かない自分のだけの人生。

みんなそうです。

仮に何処かに所属していても、

どんなに優しい家族や、大きな組織に守られていても、

最後は一人になります。

最後の最後は自分が問われます。

みんなそうです。

だからこそ自分を信じることが、

まず最初のチカラになるんだろう

と私は思います。

繰り返しになりますが、

他人を変えるではなくて、自分を換える。

視点を換える、発想を換える、

行動を換える、発言を換えることで、

自分を軌道修正してゆく。

そのことで自分の人生を豊かに出来るんだ!

と信じ抜くことが、

何よりも大切なチカラです。

どうすれば良いんだ?良い方法は無いのか?

答えを教えてくれ!いくら掛かるんだ?

と言う前に、胸に手を当てて、

自分の責任で自分を換える。

その為には、自分を信じ抜くチカラと、

親切な心と、感謝が不可欠です。

これらが無ければ、

他人任せに何を教わっても、何をやっても、

いくら投資しても、何も実りません。

だから『信じ抜くチカラ』は重要です。

ちなみに、このチカラが入った状態のことを

俗に「覚悟を決める」とか、

「決意する」とか、

『腹をくくる』と申します。

むしろ、人生の難題たちは、

あなたが自分を換えること(創り換えること)で、

自分の人生を豊かに創り直すことが出来る、

と言うことを証明する為に

用意されているのかも?知れませんね。

さぁ来い!人生!

私はもう、ひるまない!

今日の自分を生きてやるぞ!

今日という日から学んでやるぞ!

で、ヒントは何処に有るのかしら?(笑)

そんな感じで、今日も行ってらっしゃい!