医師 黒木 弘明

メニュー

二〇二〇年 九月二四日(木)

綴りごと 想いごと

自分との対話

「自分との対話を!」と連呼している私ですが、

「自分と対話」というのは、(本日の時点では)

究極的に要約すれば、

おおよそ次の3つの作業だと考えています。

◎自分が

(これまでの人生で知らずのうちに身につけてしまった)

怖れたり、拘ったり、勘違いしていたものに

気づくこと、またそれを手放すこと、

軌道修正すること。

◎自分が本当に何を望んでいるのか?

本当はどう生きてゆきたいのか?

を再発見すること。

◎自分の中に、愛が灯されていること

(遅きに失したこともなく、

見捨てられた訳でもないこと)を

確認・実感すること。

え?

何でそんなことをする必要があるのかって?

ああ〜考えたことなかったな。

僕は好きでやってましたから(笑)。

しいて言えば、人生を謳歌するため、というか、

自分をジャンジャン楽しむためでしょうね。

言っている内容が、

ちょっと仏教っぽいかも知れませんし、

一部キリスト教っぽいかも知れませんが、

別に僧侶の資格も、牧師の資格もありませんし、

今のところ、取得予定もありませんが、

これが、僕が、物心ついた時からの

全然飽きないライフ・ワークなんです(o^^o)