医師 黒木 弘明

メニュー

二〇二一年 四月二〇日(火)

綴りごと 想いごと

続・一生もの


高価な物、値段が張る物が
『一生もの』とは僕は言わない。


あなたが一生をかけて
手入れする物が
あなたの『一生もの』である。


そんな物持っていません!


という人も居るだろうが
そんなことは無い。


あなた自身
あなたの身体
あなたの精神
あなたの心


これら全てが
あなたの『一生もの』だ。


余りにも当たり前となって
気づかない人が多いが


私たちには
自分の身体、精神、心が
備わっているが


だからと言って、
これらを私たちが初めから
所有しているのではない。


これらもまた
自ら手入れをして初めて
手に入れることが出来るのだ。


手入れを怠れば
自分の手から離れるだけだ。


離れたものは
当然、思うようにはならない。


手入れをして手に入れる。
その時手に入るものは
経験のみである。


私たちは
手入れをする対象物を借りながら
経験を手に入れるのだ。


決して所有しているのではない。
一時的に借りているに過ぎない。


『一生もの』の自分、
自分という『一生もの』
があるじゃないか。


それを教えてくれたこの鞄と
僕の付き合いは、まだ数年か。


まだまだ手入れは続く。
一生手入れをした物が『一生もの』。