医師 黒木 弘明

メニュー

二〇二〇年 九月二五日(金)

綴りごと 想いごと

癒された?

僕は、「癒される」という言い方を、

あまりしません。

何故ならば、

自分を真に癒すのは自分である、

と感じているからです。

癒しのキッカケを頂くことは沢山ありますが、

それが自分との対話による学び

に繋がった時に初めて、

癒しが生まれると感じているからです。

だから、

癒された、という受動態を使わずに

癒しのヒントを貰った、と言います。

そして、

癒しを見つけた、と能動態を使います。

癒しのヒントを貰ったことには

もちろん感謝します。


その上で

癒しのヒントを掴んで、癒しに繋げるのは自分。

その自分を信じて、期待してあげるのです。

あなたをないがしろにしては

あなたの中に『癒し』は生まれないのですから

だから、あなた自身を大切にして欲しいのです。

たとえ、あなたが今どんなに乾いていても

あなたは再生不能な荒地ではありません。

恵みの雨をきっかけに再び蘇るはずです。

あなたは、あなたの癒しの源、癒しの大地です。

そのことを忘れず

心から信じていてください。