医師 黒木 弘明

メニュー

二〇一九年 七月一六日(火)

綴りごと 想いごと

本当に辛い時は

 

本当に辛い時は

本もブログも読めないし、ラジオも聴けない。

人に心の内を話すことさえも出来ないし

運動をしたり、治療に行ったり

自分を客観視するなんて

遥か彼方の幻のようでしょう。

 

 

誰も望んで、そうなる訳ではありませんが

そう言う時間が何の予告もなく、

人生に訪れることがあります。

 

 

まさに暗闇のトンネルの中、

絶望の淵にいるような感触でしょう。

 

 

しかし、こうやってブログを読んでいる人

本を読んでいる人、ラジオを聴いている人は

まだ人生に絶望していない人です。

 

 

まだ人間と人生を信頼している人です。

心の奥底で、仮に無意識であっても

まだ人生には希望が残っていることを

知っていて、それを信じている人だと

私は思います。

 

 

あなたの心が

希望を感じているのですから

大丈夫です。

焦らずに参りましょう。

 

 

写真の花は、ムスカリ。

花言葉は、「絶望と希望」です。