医師 黒木 弘明

メニュー

二〇二二年 一一月二九日(火)

綴りごと 想いごと

期待する人

貴方が期待する相手は誰ですか?
それによって世界がだいぶ変わりますよ。



期待する、と言うことは
貴方が抱く想いや願望、希望、
つまり貴方の中のエネルギーを
大量に注ぎ込むということだから、
なかなか大きな作品作りだということを
まず理解して下さいね。



で、それを誰に注ぎ込むか?
貴方のエネルギーをどこに注ぐか?
それが一番大切な問題です。



たとえば、「モテたい願望」ってありますね。
あれもですね、誰に期待しているかで、
だいぶ結果が異なりますよ。



その「モテたい」が、
誰かに自分を好きになってもらいたい、
誰かに自分を愉快にさせてもらいたい、
誰かに自分甘えさせて欲しい、
誰かに自分のワガママを聞いて欲しい、
誰かに自分の言う通りになって欲しい、
誰かに自分の足りない愛を埋め合わせて欲しい、
というように
自分ではない「誰か」に期待している場合、



その「誰か」に貴方のエネルギーを
注ぎ込むことになるので、まず貴方が
とても疲れます、消耗します、疲弊します。
で、皮肉なことにエネルギーが枯れていると
輝きが色褪せるので、なかなか「モテない」です。



ここで期待する相手を変えてみしょう。
誰かに期待するのではなく、
自分に期待してみましょう。
すると先程の「モテたい願望」の形が変わります。



私が誰かを理解してあげたい、
私が誰かを心地よくしてあげたい、
私が誰かを元気にしてあげたい、
私は誰かを尊重してあげたい、
私は誰かに愛をお裾分けしたい、
私は誰かとの間で愛を循環させたい、
という風になります。



もちろん口先だけではダメですが、
貴方が本心でそう思う時、
貴方の想いと行動が一致する時、
貴方は無自覚に輝き、そこに人が魅せられ、
結果として「モテます」❤️



一応断っておきますが、
モテるというのは、恋愛だけに限りません。
というか、恋愛だけに絞って
願望を抱いていても(いるから)モテません。
私の定義では、モテるというのは、
愛の交換、愛の循環が円滑な状態のことであり、
恋愛だけではなく、生き方の全てに関わることです。



モテる談義はこの辺にして(笑)、
今日ここで感じて頂きたいことは、
貴方が期待する相手によって
貴方の棲んでいる世界は大きく変わるということ。



貴方が持っているエネルギーを
どこに注ぎ込みますか?
それが人生の分かれ目です。



貴方は自分にエネルギーが無い
と定義しますか?
それとも、僅かでも自分にエネルギーがある
と定義しますか?



貴方は受け取ったエネルギーを
独り占めして楽しみたいですか?
それとも愛する人と分かち合いたいですか?
その辺が世界の分かれ目です。



ちなみに、自分に期待するのに
理由や根拠、条件は不要です。
そんなことをしたら、自己不信になって
エネルギーが浪費されてしまうので
おススメしません。



今日仮に、貴方の元気が無くても
貴方の全てのエネルギーが
永遠に枯渇した訳ではありません。
自分の中に残るエネルギーが
今日は上手く使えていないだけのこと。
自分の世界との間でエネルギーが
上手く循環できていないだけのこと。
自分を責めない、否定しない。
今は練習中と考えて下さい。



生きている限り貴方には
必ずエネルギーがあります。
その貴重なエネルギーを
自分自身に向けて活用すること、
つまり貴方自身に期待すること、
自分自身への信頼を抱くことが
貴方の世界に愛の循環を起こす、
最初のステップになります❤️



大丈夫。
貴方には愛を循環させるだけの
立派な力がありますから。だって生きてるから。
仮定だけでも良いので、そう想い始めて下さい❤️