医師 黒木 弘明

メニュー

二〇一九年 二月二二日(金)

綴りごと 想いごと

想いが現実を創るとしたら

 

大切なものを守りたい。

その気持ちは皆同じでしょう。

 

 

しかし、あなたの想いが現実を創るとしたら

他に何か見落としていないでしょうか?

 

 

大切なものを

あなたはなぜ守りたいのか?

考えてみたことがありますか?

 

 

もしかして

あなたの大切なものが弱い存在だから

あなたが守る必要があると考えていませんか?

 

 

だとしたら

あなたは大切なものを守りたいと思うと同時に

それが、守らなければならない程に弱い存在である

という想いを込めてしまっています。

念を送ってしまっています。

 

 

その想いが現実に反映されるとしたら

あなたの大切なものは

あなたの想い通りに

弱い存在のままでいることしょう。

 

 

しかしそれでは

本当に大切にしていることにはなりません。

本当に守っていることになりません。

 

 

それよりも

あなたの大切なものに対して

きっと、たくましくなってゆくだろうと信じて

あなたの想いを込め続けた方が

私は豊かな関係だと思うのです。

 

 

あなたの大切なものが

たくましくなっていくのを手伝う為に

大切なものが自由に羽ばたいてゆく為に

一緒に過ごす限られた時間のなかで

今あなたが出来得る限りのことをして差し上げる

 

 

その方が

お互いを情けで縛りつけず

より豊かな愛に近づくのではないかな?

と私は考えています。