医師 黒木 弘明

メニュー

二〇一九年 三月二二日(金)

綴りごと 想いごと

心苦しくなった時の作戦

 

心が苦しい時には

胸のあたりが重くなります

まるで、鉛の塊が入っているかのように

その重みで体も心も動きが鈍くなります

 

 

そんな時に限って

怒り、焦り、原因探し、粗探し、落ち込み等が

何処からともなくやって来て

覆いかぶさってきます

 

 

そんな時どうしますか?

自分なりの作戦を持っておきましょう

 

 

辛いこと、苦しいこと、腹立たしいこと、悲しいこと

この連鎖が日々の私たちを取り囲んでいますが

それにばかり気を取られてはいけません

その先は一層の暗闇です、落とし穴、罠です

 

 

そんな時、惑わされずに探して下さい

「辛い出来事によってもたらされた収穫」を。

必ず一つは在るはずです

 

 

その収穫をあなたにもたらす為に

辛い出来事が起きていたのかも知れません

 

 

大体、何処の世界にも、何処の地域にも

「生来の嫌われ役」と言う人がいます

 

 

話し方、身振り手振り、考え方や感じ方

あるいは声の調子まで、何から何まで

あなたや周囲の人が好きになれない人。

で、実際に意地悪なひと。

 

 

この人は性格が捻れていると言うよりも

生まれながらの嫌われ役という宿命・務めを

果たしている人だと思います

 

 

いつもみんなに嫌われながら

周りの人に学びを提供する宿命の憎まれ役

憎まれっ子世にはばかる

 

 

ですから、その人を修正することは

ほぼ不可能に等しいし、あまり意味のないこと

 

 

それよりも、この嫌われ役があなたにもたらす

「本当に大切な収穫」を探すことの方が有益です

 

 

嫌われ役の人は、嫌な役目を果たしながら

あなたに収穫をもたらそうとしてくれています

(ご苦労様です)

 

 

自分にとって「本当に大切な収穫」に気付いた時は

瞬時に胸の中の鉛が消えていくのが

体感として明らかに分かるはずです

 

 

逆を言うと

胸の中の鉛が軽くならない時は

まだ「本当に大切な収穫」に気付いていない時です

 

 

大切な収穫は、易々とは得られません

人の手を借りる必要もあるでしょう

道のりは人それぞれです

 

 

ですが、「大切な収穫」に出逢う為の

道のりを少し縮める為の工夫があります

 

 

笑顔です。

 

 

笑顔によって、心が少しだけ落ち着き

大切な収穫に気づきやすくなります

周囲の助けも得られやすくなります

 

 

そして「大切な収穫」に気付いた時

胸の鉛が軽くなった実感と共に

出てくる感触があります。それが

 

 

感謝です。

 

 

ここがひとまずのゴールです。

辛いことがあなたに降り注いだ意味。

それを見出した時、あなたの心の底から

感謝、ありがとう、が湧き上がります

 

 

ですから、心が苦しい時は

深呼吸して、先々のことを考えるのやめて

まず、笑顔になってみましょう

 

 

嘘だと思ってやってみて下さい

やるか・やらないかは、あなたにお任せします

 

 

あなたの心が苦しい時

それは、大切な収穫を刈り取る時が

あなたに近づいている証拠です

 

 

あなたの心が苦しい時

それは、あなたの心の中に

新たな風が通り、新たな愛が芽吹き始める

前触れです

 

 

収穫に出逢う前には

落ち込んだり、荒れ狂ったりする場合もありますが

それでも諦めず、そこで引き返さず

そのまま信じて、収穫を探し下さいね

 

 

大丈夫です。探せば必ず見つかります

心痛の罠に負けず、粘り強く探し続ければ

必ず見つかります。大丈夫です

 

 

春は、すぐそこまで来ています