医師 黒木 弘明

メニュー

二〇二二年 一一月二九日(火)

綴りごと 想いごと

幸せ道


頑張らなきゃいけない…
頑張らないと幸せになれない…
頑張らないと楽しんではいけない…
頑張らないと良いことがない…
頑張るとは苦しい想いを我慢すること…
我慢した分幸せになれる…
頑張らない人はダメな人…
頑張るってのは自分の努力…
だから私は頑張らなきゃいけない。



いつしかそんな「頑張り教」に入信し、
「頑張る盲信」をしてしまっている…
なんて人も少なくないはず。



理由は様々だけど、
きっと幸せになりたかったんでしょうね。
幸せになりたくて、その方法を模索してたら
「頑張れば幸せになれる」っていう思考に
辿り着いたんでしょうね。
で、それを信じていたんでしょう。



頑張れば幸せになれる、
その思考は別に間違ってないと思う。
けれども、それだけが幸せの道とは限らない。



貴方には貴方に合った道がある。
貴方の幸せのなり方は
他の人と同じとは限らない。



頑張っていて幸せになる人は
その方法が合ってた人。
頑張っているのが苦しい人は
その方法が合ってない人かも?
努力が足りないとは限らない。



そもそも、〜なければならない的な思考は
ほとんど決めつけ、思い込み、言い聞かせ
だったりするでしょ?



ねばならない!って言うのは
基本、命令形じゃないですか。
上から押さえつける指示形態。
ってことは、自由じゃない。
自由じゃないのに、なぜ幸せ?



幸せは内から湧き上がるでしょ?
上からプレスされて染み込んでくる
そんなもんじゃないよね?
貴方は漬物じゃないんだから。



いつの間にか貴方の中に存在していた、
決めつけ、思い込み、言い聞かせ
これらは漬物石です。
プレスされてて心地よい人はそのままに。
心地良くない人は漬物石をどかしましょう。



そして、貴方なりの幸せのなり方を
新しく自由に無邪気に模索しましょう。
他の人の方法論とは違っても良いので。



例えば、万物を活用してみませんか?
せっかくこの世の中に在って
貴方の幸せをサポートできるものがあるのに
活用しないのは勿体ないでしょ?



ちなみに僕の中には、
自立とは何でも自分でやること
自律とは自分独りで頑張ること
という思い込みがありましたが、
そんなことはないんだよね。
ふとした些細なことでも
助けてもらって良いんだよね。



些細な香り。ふとした香り。
香りで結構助けられる自分が居ました。
ルーム・フレグランス的なものを
よく使ってます。気持ちが和むので。



昔は、ルーム・フレグランスなんて
一瞬で消える匂いじゃないか!
と馬鹿にしてましたが、全然違った。



その一瞬、心が和らぐことが大切なんだ。
その一瞬の連続が人生なんだ。
その一瞬自分を和らげてあげるのが、自分への愛。
人生は一瞬が折り重なってるんだ。
その一瞬の愛が未来への扉なんだ。
愛ある一瞬で様変わりする人生もある。
一瞬は永遠。一瞬が大切。



ということで、何でも自分独りで
頑張らなきゃいけない訳でもないし、
この世に在るものは活用してナンボ。
むしろ貴方の幸せの為に活用されるのを
みんな待ってるかもよ〜
というお話しでした。