医師 黒木 弘明

メニュー

二〇二一年 一一月二九日(月)

綴りごと 想いごと

先のことが分からない

明日のこと、来年のこと、五年後のこと、
先が読めない、分からないと怖くなるから、
ついスマホを手にとったり、パソコン開いたり、
先々の安心を確保する為に、今を生きてしまいがち。


だけど、そんな動物は他にいるだろうか?
う〜ん、多分居なさそう。


むしろ、先のことが分からないのは
至極普通なことで、それを無理くり分かろうしたり、
先々の保証を求める処に、つまり執着というのかな、
そこに人間特有の苦しみが生まれている気がするよ。


分からない、先が読めない、それで結構じゃないか。
それが怖いなら怖いで、それも結構だよ。
中立的に受け止めて、肯定してゆこうよ。


後先考えないで生きるなんて無責任だ
と言う人もいるが、そんな道徳観に囚われて
今を放棄して生きているのも無責任に思えるな。


今、貴方は何を感じてますか?
今、貴方は素晴らしい瞬間に居ませんか?


もっと委ねて、もっと信じて
今の自分を生きてみないかい?
大丈夫って、まず言ってみようか。