医師 黒木 弘明

メニュー

二〇一九年 三月二二日(金)

綴りごと 想いごと

他人にしている事は自分にしている事

 

誰かに自分の想いを理解して欲しい時こそ

その人の想いを理解しようと努めるのです。

 

 

上手くいけば、不思議と楽になります。

楽になるまで行かなくても

少なくとも、悩みトンネルの出口は見えます。

 

 

何故ならば

あなたが誰かにしている事は

あなたが自分にしている事と同じだからです。

 

 

相手を理解しようとする、という事は

自分に対する理解を深めるのと同じ事です。

 

 

自分に対する理解が不足している時に

人間は、寂しかったり、悲しかったり

たまらなく不安だったりするのです。

 

 

その寂しさ、悲しさ、不安は

自分からの呼び声です。

 

 

「もっと僕を見てよ!

もっと私の話を聴いてよ!

仕事や家庭の忙しさを言い訳にしないで

いい加減、こっち向いてよ!」

 

 

ですから

誰かに理解してもらいたい

という気持ちは、厳密に言うと

 

 

誰かに自分を教えて欲しい

誰かを通して自分をもっと知りたいんだ

と言う切なる想いです。

 

 

あなたに起きる全ての出来事は

あなたが自分を知るために有ります。

 

 

「私は既に自分を知り尽くしている」

と思うのは、裸の王様と同じです。

 

 

これは傲慢ではなく、自分への卑下です。

自分をそんなに低く見積もってはいけません。

 

 

人間が宇宙の全てを知らないのと同じように

あなたも宇宙の一部なのですから

自分であっても、そう易々と自分自身を

知り尽くせるものではないのです。

 

 

毎日が自分を知り続ける旅です。

その中で、自分をどの様に表現するか

自分をどの様に創り換えるか

あなたが選択をし続ける旅

それがあなたの人生です。

 

 

見方を換えれば

毎日がチャンスです。

 

 

だから私はこう祈ります。

「今日も機会を頂き、ありがとうございます」

 

 

与えられた機会の上に

自分の選択を塗り重ねていって

あなたの人生が出来上がります。

 

 

どうぞ素敵な創造を。どうぞ楽しんで。

そんなに心配しないで下さい。

誰しも護られています。大丈夫です。

心配よりも信頼を。

戦略よりも感謝を。