医師 黒木 弘明

メニュー

二〇一九年 一〇月一六日(水)

綴りごと 想いごと

どう料理するか

     

私たちは皆自分の人生の料理人です

毎日の出来事は素材であり

それをどう料理するかが腕の見せ所です

     

     

辛い出来事、苦しみ自体には

おそらく、さほど意味はありません

あなたにバチがあたったのでも

あなたが世界中に嫌われているからでも

あなたが愛されない存在だからでもありません

  

    

大切なのは

苦しみをどう料理するかです

    

    

あなたの苦しみは

あなたの人生に生えた天然の素材ですから

苦しみを躍起になって無くすことよりも

苦しみという素材を料理して

そこから生まれる

あなただけの教訓を大切にする

そのほうが自然だと思います

   

    

雨が嫌だという人もいます

しかし雨がなくては困ります

苦しみも同じで

見方を変えれば

恵みの雨、浄化の雨にもなります

   

    

目の前の出来事をどう料理するか

それがあなたの選択であり

あなたに与えられた自由ですから

どうか大切にしてください

   

    

苦しみそのものよりも

苦しみから得られる教訓に

価値があるのではないかと思います